アーリーリタイアしたお殿様、伊達綱宗絵描きになる!

アーリーリタイアしたお殿様、伊達綱宗絵描きになる!

伊達といえば、やはり伊達政宗。ドラマからアニメ、漫画、ゲームまで主役級の扱いをされる歴史上の偉人です。 これほど現代でも影響力の持った伊達政宗ですが、私が今最も気になるのは彼の孫、伊達家三代藩主、伊達綱宗。 何故偉大なる政宗ではなく名前も聞いたことのない孫に関心があるかというと去年の夏、…

続きを読む
第80回河北美術展 受賞者展

第80回河北美術展 受賞者展

開催日時2018年 4月24日(火)~4月29日(日) 月曜日休廊 10:00~19:00 最終日 17:00まで 出品者奥山和子、松浦翼、小山内愛美、三浦長悦、東海林敏雄天満秀人、阿部貴志、渥美裕司、其田章、小川佳美、関本真理子、後藤和紀、原内義晴、相馬晴子、山口優子、高橋恵子長沢ゆう、…

続きを読む
【展示終了】松浦翼展

【展示終了】松浦翼展

1月26日から2月4日まで仙台のギャラリー杜間道で開催致しました『松浦翼展』が終了致しました。 足元の悪い中、ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。 仙台にて3度目の個展 毎回のように仙台の展示はこの寒い時期に行ってまいりましたが、今年は特に寒かった。そして例年…

続きを読む
松浦 翼展

松浦 翼展

開催日時2018年 1月26日(金)~2月4日(日) 水曜日休廊 11:30~18:30 最終日 17:00まで 展示概要岩絵の具の美しさ、豊かな線、可憐な空気。盛花を終えた草花が持つ余韻と生命感。 松浦さんは独自の感性で日本画の域をあっさりと超え、伸びやかに筆をはこびます。2年ぶりの発…

続きを読む
ヴィンテージワックスが乾かない?という問題について

ヴィンテージワックスが乾かない?という問題について

以前、額を作る際に利用したヴィンテージワックス(ビンテージワックス買ってきたから、これでアンティーク調の額を作ってみる)を紹介しましたが、今でも作品の色合いによっては使用しています。 このヴィンテージワックスについて、塗ったはいいけど乾かないことや、乾かすにはどれくらいの時間が必要なのかを調べ…

続きを読む
愛だね。植物愛『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』

愛だね。植物愛『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』

本屋にて素敵なカバーの本だなと気になったこの本『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』。 例によって牧野富太郎という人物を知らなかったのですが、カバーの着彩の魅力と「なぜ花は匂うか」という一言の訴求力に惹かれて読んでしまいました。 植物に対してこれほどの情熱と愛情を持っている人物がいたのかと驚きで…

続きを読む
生物学者が語る芸術『芸術と科学のあいだ』

生物学者が語る芸術『芸術と科学のあいだ』

美術関係の書籍といえば、だいたいがアーティストか評論家、研究家、ギャラリストなどが執筆したものがほとんどですが、『芸術と科学のあいだ』の著者はめずらしいことに生物学者。 しかも著者は私の好きな福岡伸一。 大学の頃から彼の著書を読んでおり、『生物と無生物の間』や『世界は分けてもわからない』…

続きを読む
第80回河北美術展

第80回河北美術展

開催日時2017年 4月27日(木)~5月9日(火) 10:00~19:30 最終日 16:00まで 受賞のお知らせ日本画部門、宮城県知事賞を受賞いたしました 入場料一般・大学生700円(前売600円) 高校生500円 中学生以下無料 場所藤崎本館 7階催事場・8階グリーンルーム、…

続きを読む
大型の作品も安定して簡単に飾れる『ドッコ式』について

大型の作品も安定して簡単に飾れる『ドッコ式』について

よく絵画を飾る際に用いられるのが壁に取り付けたフックを作品裏の紐に引っ掛けるのが一般的かと思います。 しかし、大型の作品となると紐では支えきれませんよね。 その他にピクチャーレールからワイヤーでつるすという方法がありますが、ワイヤーが見えてしまうということや、レールを取り付けるのが面倒で…

続きを読む
松島、円通院にて紅葉狩りと数珠づくり体験!日本最古のバラの絵も

松島、円通院にて紅葉狩りと数珠づくり体験!日本最古のバラの絵も

日本三景のひとつ、松島にある『円通院』は伊達政宗の孫、光宗の霊を祀ったお寺であるのとともに美しい庭園と紅葉の名所として有名な寺院です。 見どころとしては紅葉ももちろんなのですが、国指定重要文化財の『三慧殿』には日本最古とされる洋バラの絵も見ることができます。 臨済宗妙心寺派 円通院 …

続きを読む
1 2 3 4 5 8