【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

2月22日から27日までREIJINSHA GALLERYで開催致しました「TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016」は終了致しました。

この展示は東北芸術工科大学の企画で、卒業生16名が東京(銀座、京橋、日本橋)の各11画廊で展示を行う初めての取り組みです。

私が出品したのはREIJINSHA GALLERYで相馬裕子さん、よこみちしいなさんとの3名によるグループ展です。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

お越しいただいた皆様

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

東京にて展示を行うのは久しぶりです。久しぶりに会う知人、友人。以前の展示に来てくれた方や購入してくれた方々にまたお会いすることができて、たいへん嬉しかったです。

お越しいただき、誠にありがとうございました。

東京にて久しぶりの展示

以前、ギャラリー椿GT2にて個展を行って以来、久しく東京で展示を行っていませんでしたので、あまりにもスパンが空きすぎると忘れられてしまうだろうという思いがあり、展示に参加することにしました。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

私が出品したREIJINSHA GALLERYは本企画内で唯一の3名によるグループ展で、しかも洋画、日本画、版画とジャンルもバラバラです。

ゆえに見ずらい展示になるのかというと、そうではなく。比較的にギャラリーが広く、奥行きがありますので、パーテーションで区切って、それぞれの個展のような形式となりました。私は入り口側です。

床が白く、タイルの様になっていて珍しいです。ギャラリーの所在地がSonyビルの裏手にあり、JR有楽町駅からも近く、凄い立地です。

はじめて展示をする場所は、どのような空気感でどういったお客さんが来るといったことが分かりませんので、緊張するのですが、REIJINSHA GALLERYのスタッフの方々にとても親切にしていただき、安心できました。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

初日にはギャラリーでオープニングパーティーがあり、初めての経験でした。とてもいい経験をさせてもらったと思いますが、パーティーはもういいですかね。

最終日はアートソムリエとして有名なコレクター、山本冬彦氏のトークイベントがあり、ギャラリーがお客さんでいっぱいになるほどの大盛況。

かなり混雑していたので、この時間帯にお越しいただいた方には大したお構いもできず、申しわけありません。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

この開催期間中に私も本企画による各ギャラリーを拝見して回りましたが、これがなかなか楽しかったのです。

先輩、後輩、同期や先生方に会う機会があり、学生のころを思い出しましたが、同時に卒業して6年近く経っていることに、驚きます。よく6年間もしぶとく描いていたものです。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

そもそもこのスプリング・アート・フェアは、卒業生に展示の機会を与えて作家活動を後押しすることと、高校生にアピールして新しい学生を獲得するための広報活動の意味があるのかと思います。私は勝手にそう思っていました。

そのために高校生のためのスタンプラリーも用意してありましたが、高校生に銀座のギャラリーの敷居は高すぎやしないかい。

自分が高校生のころギャラリーに入ってみようなんて思ったことありませんでしたが、どうなんでしょう。

【展示終了】TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016

正直、今回はスケジュール的に厳しかったため、途中で辞退しようかという考えが過ぎった時期もあったのですが、こうして参加したことで多くの経験と出会いを頂いた素晴らしい時間を過ごすことができました。

何事もやってみることですかね。