5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

仙台市の南に位置する岩沼市の「金蛇水神社」へ。およそ1000年の歴史がある大衆信仰の水神宮で水清き花の社とも呼ばれています。

市内から少し離れた場所にあり、三方を山に囲まれた、雰囲気のいい神社です。

金蛇水神社

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

金運向上

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

ご神体に「金蛇」を祀ることから、古来より商売繁盛・金運円満の神としてご利益のある神社です。

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

本殿横の「蛇紋石」。どれかひとつ直感で選び撫でると金運が上がり、お財布で撫でるとお金が入ってくるといわれています。私もちゃっかり撫でてきました。

どれかひとつとは言わず、片っ端から全部撫でていく人もいました。気持ちはわからなくもない。

花まつり

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

神社正面の鳥居をくぐると、満開の藤が迎えてくれます。この藤棚の下を通って本殿に参拝します。

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

「九龍の藤」と呼ばれる樹齢300年と言われる藤の古木です。これほどのボリュームの藤は初めて見ました。

藤棚の下にはベンチが置かれ、ゆっくり鑑賞できます。

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

神社向かいには牡丹園(入園料200円)。花まつり開催期間中入ることができます。

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹
牡丹は別名「富貴草」とも呼ばれ、富の象徴とされる花です。金運向上にご利益のある金蛇水神社にふさわしい花として育てられています。

神社の隣の里山

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

神社横のわき道を登っていきます。

5月は金蛇水神社だね。300年の藤と1500株の牡丹

5分ほど登ると、岩沼市と遠くに太平洋が見えます。日差しが温かく、山間を抜ける風が気持ちい場所でした。

最後に

この花まつりが開催されるシーズンは非常に混みます。私は到着した時間が早かったために、比較的ゆったり参拝や花を見ることができましたが、昼前ごろには駐車場に入るための車の長い列と、観光バスも到着しており、境内は非常に混雑しました。

併設のお蕎麦屋さんがありますが、このシーズンは注文したら、30分以上は待つ覚悟が必要です。

花の見ごろは限られているので、混むのはしょうがないですね。