専門機材がなくてもポートフォリオ用作品写真が撮れる

専門機材がなくてもポートフォリオ用作品写真が撮れる

絵を描く技術、知識は予備校~大学などで教わってきていますが、いざ、ポートフォリオを作成しようとすると、専門外の知識も必要となり、多くの壁にぶつかります。

例えば、そのひとつが作品写真の撮影です。

写真屋に撮影をいちいち頼む時間もお金もない。撮影用の照明器具やレフ板が一般家庭にあるかというとないですよね。少なくとも私の家にはありません。

あるものだけでなんとかポートフォリオ用の写真撮影をしなくてはなりません。その撮影方法をまとめてみました。

撮影環境

屋外。何よりも自然光がベストです。薄曇りの日、またはよく晴れた日の日陰。
ただいつも最適な明るさというわけではありませんので、その際はライトを使う必要が出てきます。

LED照明160灯

新品価格
¥19,705から
(2016/7/13 07:34時点)

カメラ

撮影をするので何よりもカメラが必要ですが、必ずしも一眼レフでなくてはならないというわけではありません。

最近ではスマフォのカメラもバカにはできません。少し前のデジカメより遥かに高性能です。

三脚

コンパクトカメラで3千円程、一眼レフで1万円程のものが目安です。

【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ガンメタリック DIGI-204GM

新品価格
¥1,700から
(2016/7/13 07:44時点)

水平器

100円ショップでも売ってます。メモリのあるものを。

TRUSCO ポケットレベル25×70

新品価格
¥793から
(2016/7/13 08:03時点)

撮影の手順

ポートフォリオ作り~作品写真撮影~

カメラを立てかけた作品の真正面に。

ポートフォリオ作り~作品写真撮影~

作品角度とカメラ角度を水平器で計り、同じ角度に調整。水平器のiPhoneアプリです。

ポートフォリオ作り~作品写真撮影~

カメラの位置を真正面のまま、遠ざかります。遠ざかる距離は

最低でも作品長辺の倍は離れます。

カメラのズームをT側(望遠)に。作品から離れて、望遠にすることで、
写真に写る作品の歪みを軽減します。

これで撮ればよいのですが…白い色が薄暗く写ってしまったりしたことはありませんか。私の作品は余白を紙の地をそのまま残しているものが多く、このまま撮影すると、紙の地が灰色に写ってしまいます。

そこで、白いものを白く撮影するためにカメラの露出補正(EV補正)を使います。

ポートフォリオ作り~作品写真撮影~

数値を+1.0に設定。

ポートフォリオ作り~作品写真撮影~

シャッターを押す際にどうしてもカメラが揺れてしまいます。シャッターリモコンがないので、セルフタイマーを設定して、シャッターを押します。

これで撮影自体は終了です。あとはPhotoshopで背景を切り抜いたり、カメラでやりきれなかった部分を補っていきます。