面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

山形にある面白山高原はあの松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入蝉の声」の句が詠われたことで有名な山寺のある山寺駅の隣、面白山高原駅にある。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

秋の行楽シーズンや、冬のスキーシーズンになると賑わいを見せる面白山高原。といっても普段通過する際に誰も乗ってこないし、誰も降りない駅。物寂しい印象しかもっていなかったのですが、面白山という名前に惹かれてこの度、紅葉狩りに出掛けてみました。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました
駅からの景色。

面白山高原駅まではJR仙山線で山形駅から約30分、仙台駅から約1時間。

面白山高原駅についてみて、驚いたことに駅のホームで電車を待っていた人が20、30人ほど。この駅にこんなに人がいたのはじめて見ました。

トレッキングに来たというような装いの人たちが、仙台行きの電車が来るのを待っているようでした。

駅は無人駅で、駅舎はコスモスをイメージして作られたのだとか。

コスモスベルク

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました
面白山高原駅から10~15分ほどの道のり。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました
あたりは一面の紅葉。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました
コスモスの丘という意味の『コスモスベルク』。5ヘクタールに100万本が咲き乱れるそうですが、私が行ったときはシーズンがすでに過ぎてしまっていたようで、なんともさびしい様子でした。

紅葉川渓谷

コスモスベルクとは駅をはさんで反対側の紅葉川渓谷へ。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

渓谷へ降りていきます。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

結構なスリルを味わえます。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

渓谷へ降りてすぐの『藤花の滝』。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

大人一人がやっと通れるぐらいの自然道を歩いていきます。

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

面白山高原って名前どおり面白いの?ということで行ってきました

落ち葉の色合いが美しい。

まだまだ渓谷の半分にも達していませんが、足元はただのスニーカーで、空模様もなんとなく怪しいので、これ以上は戻るのが大変だろうというところで引き返しました。

絶景とちょっとしたスリルが味わえる面白山高原。存分に自然の魅力を感じることができ、名前に違わぬ体験ができたかと思います。自然を堪能しながらトレッキングしたいという方は是非。

次くるときはコスモスが満開のところをぜひ拝見したい。