愛だね。植物愛『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』

愛だね。植物愛『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』

本屋にて素敵なカバーの本だなと気になったこの本『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』。 例によって牧野富太郎という人物を知らなかったのですが、カバーの着彩の魅力と「なぜ花は匂うか」という一言の訴求力に惹かれて読んでしまいました。 植物に対してこれほどの情熱と愛情を持っている人物がいたのかと驚きで…

続きを読む
生物学者が語る芸術『芸術と科学のあいだ』

生物学者が語る芸術『芸術と科学のあいだ』

美術関係の書籍といえば、だいたいがアーティストか評論家、研究家、ギャラリストなどが執筆したものがほとんどですが、『芸術と科学のあいだ』の著者はめずらしいことに生物学者。 しかも著者は私の好きな福岡伸一。 大学の頃から彼の著書を読んでおり、『生物と無生物の間』や『世界は分けてもわからない』…

続きを読む
絵描きにはマーケティングとか関係ないとか言ってられない。山本冬彦氏の提言まとめ

絵描きにはマーケティングとか関係ないとか言ってられない。山本冬彦氏の提言まとめ

アートソムリエとして有名なコレクター山本冬彦氏。彼は「観るアート」から「買うアート」への転換を提唱しています。 2月に東京の銀座にあるREIJINSHA GALLERYにて開催した『TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016』にて行われました山本冬彦氏の「若手作家への提言…

続きを読む
植物画好きなら絶対好き。『人間国宝三代田畑喜八の草花図』

植物画好きなら絶対好き。『人間国宝三代田畑喜八の草花図』

書店でふと素敵なカバーだと思い手に取ったこの本『人間国宝三代田畑喜八の草花図』。田畑喜八という方がどのような人物なのかは知りませんでしたが、掲載されている植物の着彩スケッチがとても魅力的だったので、これはほしいと思った本です。 人間国宝三代田畑喜八の草花図新品価格¥2,160から(2015/5…

続きを読む
絵描きなら共感必至。有島武郎『生まれ出づる悩み』

絵描きなら共感必至。有島武郎『生まれ出づる悩み』

絵を描いている末席にいるものとして、読んでおかなくてはならないと思い手に取った一冊。 芸術の世界に身を投じて生きていきたいが、絵やアートそのものが収入源としてきわめて直結しにくい。 そのため、生活の糧を得るためには芸術活動とは切り離した別のところで、収入を得るための労働をする必要がある。…

続きを読む