アーリーリタイアしたお殿様、伊達綱宗絵描きになる!

アーリーリタイアしたお殿様、伊達綱宗絵描きになる!

伊達といえば、やはり伊達政宗。ドラマからアニメ、漫画、ゲームまで主役級の扱いをされる歴史上の偉人です。 これほど現代でも影響力の持った伊達政宗ですが、私が今最も気になるのは彼の孫、伊達家三代藩主、伊達綱宗。 何故偉大なる政宗ではなく名前も聞いたことのない孫に関心があるかというと去年の夏、…

続きを読む
森の中の美術館、郡山美術館『吉田博展』

森の中の美術館、郡山美術館『吉田博展』

郡山美術館で『吉田博展』見てきました。吉田博?知らない画家さんでしたが、この展示をきっかけに信者になってしまいそうです。 こんな版画は見たことないと思わせた色味の豊かさや美しさ。日本の湿度、空気感をよく表している画家です。 郡山美術館は周りを森で囲まれたとても立派な美術館。展示を見に来な…

続きを読む
また塩釜行ってきたけど、目的地は塩竈市杉村惇美術館

また塩釜行ってきたけど、目的地は塩竈市杉村惇美術館

塩釜市にある塩竈市杉村惇美術館。この度、案内を頂いたので行ってきました。せっかく塩釜まで行くのだから塩釜神社にも一緒に参拝してきました。 時期は5月下旬。天気は快晴。いや、快晴すぎる。 雲ひとつないとはこのことを言うのかというぐらい天気の良いお出掛け日和でした。 ちなみに前回の記事…

続きを読む
天王洲がこれからのジャパンアートの拠点になるのか?話題のPIGMENT(ピグモン)行ってきた

天王洲がこれからのジャパンアートの拠点になるのか?話題のPIGMENT(ピグモン)行ってきた

先日、再び私用で東京に戻りました。東京の蒸し暑さはすごい。こたえる。 せっかく東京に来たのだからどこか見に行こうかと思いましたが、時間もそれほどないので、近場でちょっと話題になっていました天王洲アイルに新しくできた画材ラボ、PIGMENT(ピグモン)を覗いてきました。 PIGMENT …

続きを読む
アクセスとか気にしない!駅中の美術館、東京ステーションギャラリー

アクセスとか気にしない!駅中の美術館、東京ステーションギャラリー

表題どおり駅の中にある美術館。『東京ステーションギャラリー』に行ってきました。 東京駅内に美術館があるなんて知らなかった。というよりも気づかなかった。 何で今まで気づかなかったのだろう。たぶん今まで私が見たいと思う展示をがやっていなかったため。今回『鴨居玲展』が開催されることを知り、東京ステ…

続きを読む
まるで宇宙船みたいだ!気仙沼、リアス・アーク美術館に行ってきた

まるで宇宙船みたいだ!気仙沼、リアス・アーク美術館に行ってきた

気仙沼にある『リアス・アーク美術館』に行ってまいりました。気仙沼を見下ろす高台にあり、その外観はなんともインパクトのある形をしています。 気仙沼・本吉圏の文化を伝えるための施設としての美術館です。 リアス・アーク美術館 リアス・アーク美術館 (建築リフル)中古価格¥3,980から(…

続きを読む
子供向け?いいえ、そんなことはありません。感覚ミュージアムに行ってきた

子供向け?いいえ、そんなことはありません。感覚ミュージアムに行ってきた

先日、宮城県大崎市にある『感覚ミュージアム』に行ってまいりました。 当初は子供向けの施設なのではないかと少し危惧していたのですが、実際は現代アート的な作品に触れることができる、子どもはもちろん、大人も楽しむことができる施設でした。 感覚ミュージアム google_ad_clie…

続きを読む
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレに行ってきた

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレに行ってきた

9月20から10月19日の間、東北芸術工科大学が中心となり山形県山形市で『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ』が開催されました。 みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ 様々な地域でビエンナーレが開催されていますが、大学主導のビエンナーレは珍しいのだとか。 時間的にすべてを回ること…

続きを読む
賢治のふるさとイーハトーブ。宮沢賢治記念館に行ってきた

賢治のふるさとイーハトーブ。宮沢賢治記念館に行ってきた

誰しも教科書とかで一度は読んだことがあるであろう『銀河鉄道の夜』や『注文の多い料理店』の作者、宮沢賢治。その賢治の故郷である岩手県花巻市にある宮沢賢治記念館に行ってきました。 銀河鉄道の夜 (宮沢賢治童話傑作選)新品価格¥1,944から(2016/7/7 07:15時点) goo…

続きを読む
1 2