ヴィンテージワックスが乾かない?という問題について

ヴィンテージワックスが乾かない?という問題について

以前、額を作る際に利用したヴィンテージワックス(ビンテージワックス買ってきたから、これでアンティーク調の額を作ってみる)を紹介しましたが、今でも作品の色合いによっては使用しています。 このヴィンテージワックスについて、塗ったはいいけど乾かないことや、乾かすにはどれくらいの時間が必要なのかを調べ…

続きを読む
大型の作品も安定して簡単に飾れる『ドッコ式』について

大型の作品も安定して簡単に飾れる『ドッコ式』について

よく絵画を飾る際に用いられるのが壁に取り付けたフックを作品裏の紐に引っ掛けるのが一般的かと思います。 しかし、大型の作品となると紐では支えきれませんよね。 その他にピクチャーレールからワイヤーでつるすという方法がありますが、ワイヤーが見えてしまうということや、レールを取り付けるのが面倒で…

続きを読む
絵描きにはマーケティングとか関係ないとか言ってられない。山本冬彦氏の提言まとめ

絵描きにはマーケティングとか関係ないとか言ってられない。山本冬彦氏の提言まとめ

アートソムリエとして有名なコレクター山本冬彦氏。彼は「観るアート」から「買うアート」への転換を提唱しています。 2月に東京の銀座にあるREIJINSHA GALLERYにて開催した『TUAD スプリング・アート・フェア in Tokyo 2016』にて行われました山本冬彦氏の「若手作家への提言…

続きを読む
絵を飾りたい、でも壁に大きな穴をあけたくない。そんなときの『ハイパーフックかけまくり』試してみました

絵を飾りたい、でも壁に大きな穴をあけたくない。そんなときの『ハイパーフックかけまくり』試してみました

絵画のような少し重量のあるものだと、画鋲や小さいピンでは掛けられないことがしばしば。 だからと言って壁にくぎを打ってしまうのは抵抗があるもの。 ある日テレビで壁穴の目立たないフックがあるというのを見て、興味があったのでホームセンターで探して買ってきました。 掛けるものの重量に応じていく…

続きを読む
あっ、シリアルナンバーがない!Adobeソフトのアカデミック版暗唱番号がわからなくなった話

あっ、シリアルナンバーがない!Adobeソフトのアカデミック版暗唱番号がわからなくなった話

この度、新しいパソコンを購入しまして、もろもろのセットアップやら、よく使うフリーソフトをインストールして環境を整えておりました。 さぁPhotoshopCS4とillustratorCS4をインストールしようという段になって、あれ?シリアルナンバーって・・・ 私がインストールしようとした…

続きを読む
ビンテージワックス買ってきたから、これでアンティーク調の額を作ってみる

ビンテージワックス買ってきたから、これでアンティーク調の額を作ってみる

木製製品に塗布することで、木目を活かしたアンティーク調の風合をだすことができるビンテージワックス。ホームセンターで見かけてからずっと気になっていたのですが、展示用に額を作成している機会に試してみました。 ニッペ VINTAGE WAX ウォルナット 160g新品価格¥1,980から(2016/…

続きを読む
はじめての確定申告を10分で終わらせたポイントをふりかえってみる

はじめての確定申告を10分で終わらせたポイントをふりかえってみる

2月4日から3月15日は所得税の確定申告の期間です。 先日、初めて確定申告をしてきました。めんどくさいと言われている作業がスピーディーに片付いたので、そのポイントをまとめました。 そもそも確定申告をする必要のある人というのは、どういう人かというと 給与所得者の場合 給与の収入…

続きを読む
日本画家なら気になる新しい紙の支持体、三彩紙使ってみた

日本画家なら気になる新しい紙の支持体、三彩紙使ってみた

先日、三彩紙を購入しました。 三彩紙というのは、絵具屋三吉さんのオリジナル画材で、和紙風の合成紙とのこと。 購入先はこちら絵具屋三吉 ※取り扱い終了?したようです。 5メートルもあるのに、3千円台。 とにかく安くて、多くほしいという方には向いています。 goog…

続きを読む
作品リスト(プライスリスト)を作る

作品リスト(プライスリスト)を作る

自分が制作した作品の基本情報をまとめました。 なぜそのようなことをしたかというと、展示会の際にギャラリーに出品作品のタイトルやサイズ、価格といった情報を提出しますが、あらかじめ手元にちゃんと作品の情報をまとめたものがありませんでした。 普通は作っておくべきものではないかと思い立って作っ…

続きを読む
ポートフォリオ作り~Photoshop作品画像補正~

ポートフォリオ作り~Photoshop作品画像補正~

作品写真の撮影終わったら、次はPhotoshopを使用して画像を補正していきます。 Photoshop?補正?なんでそんなことしなくちゃいけないのという考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、写真は撮りっぱなしで良いというわけではありません。 余分なところを切ったり、明るさを調整したりと…

続きを読む
1 2