在処

作品解説

社会の変化や、移ろい、流行り、廃りといっためまぐるしい流れの中で、その世相を反映したような、激しいアートなるものがセンセーショナルに騒がれる。

その一方で、我々の身近に存在してはいるが、見ようとしなければ見えないもの。歩くような速さでしか気づけないものが存在する。それは、激しいものではなく、穏やかなもの。騒がしいものではなく、静かなもの。異常なものではなく、尋常なもの。

作品情報

制作年
2008年
サイズ
165.0×338.0(cm)
素材
和紙、岩絵具、墨
     在処 在処 在処 在処