無依

作品解説

作品に向き合うということは、対象物に向き合うということであり、自分自身に向き合うということである。

一本一本の線を描いていき、水で滲ませ、流していくことを繰り返すことで生命の揺らぎというものを捉えたいと考える。

一筆の線を描くとき、一滴の水滴が画面をつたうとき、今を生きるこの時間を積み重ねる。

作品情報

制作年
2011年
サイズ
90.9×90.9(cm)
素材
和紙、岩絵具、墨、染料
無依 無依
  • 『無依_03』 / 90.9×90.9cm / 和紙、岩絵具、墨、染料
  • 『無依_02』 / 90.9×90.9cm / 和紙、岩絵具、墨、染料